読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows用トラックパッドT650をBetterDesktopToolでカスタマイズする

OS:WIndows8.1

自宅ではMac、会社ではWindowsを使っていて、Windowsでもトラックパッドしたいと思い先日会社のマウスをトラックパッドに変えた。

LOGICOOL ワイヤレス 充電式 タッチパッド T650

LOGICOOL ワイヤレス 充電式 タッチパッド T650

Windows用トラックパッドでは一番性能がいいと思われる。

使い心地は結構良くて、マウスに戻る予定はないです。
ただ、アプリによって異常にスクロール速度が速かったりしててたまにイラつくんだけど、そこは割り切って使っている。

T650とMacのトラックパッドの比較は Macのトラックパッドを完全再現できるか!?Windows用タッチパッド「Logicool Wireless Rechargeable Touchpad t650」半年使用レビュー - うんとかすんとか に詳しく書いてある。

T650は設定でカスタマイズ出来ない

T650にはいろいろな機能が割り当てられていて、指3本↓スワイプでデスクトップを表示するということが出来たりする。

でもT650には欠点があって、指3本↓スワイプで別のことやりたいという設定が標準のソフトウェアでは出来なくて、指3本↓スワイプにはデスクトップを表示する以外に機能を持たせることが出来ない。

でも、BetterDesktopToolというのがT650のマルチタッチに対応していて設定してみたら、Windows用Expose Cloneを動かせたので、やり方を書いておきます。

やり方

1. BetterDesktopTool を入れる

MacにはExposeという今開いているウインドウを一覧で見れる機能があって、これをWindowsで実現できるアプリがたくさん出ている。

今回はこれを使います。適当にインストールしてください。

2. BetterDesktopToolの設定を変更する。

BetterDesktopToolの設定を開くと、設定画面の上に3つタブが出てくるので、一番右の General タブに

  • Enable Multitouch-Gesture Support for designated Touchpads

という項目があるので、これにチェックを入れる。

次に、一番左のWindow & Desktop Overviewタブに移動して、

  • Show all Windows > Multitouch-Gesture > 3-Fingers Down

を選択する。(3-Fingers Downは好みで他のに変えてもいい)

2. SetPoint の設定を変更する

T650を使う人はみんなSetPoint入れると思うんだけど、SetPointの設定をいじる。
BetterDesktopToolで使いたいジェスチャー項目のチェックを外す必要があります。

私は、上記で3-Fingers Downを選んだので、それに対応する

  • デスクトップの表示/非表示

のチェックを外しました。

以上で、指3本↓スワイプでExposeが起動するはずです。

注意点

AutoHotKey との相性?

1回Exposeを起動するたびにaltキーが押されるようです(MieruKeyBoardとか使うと確認できる)。 たまにaltキーが押されたままになってしまう現象になっていて、AutoHotkey:キー押しっぱなし病・ホットキーすり抜け病対策の研究をやったら解決できるのかなあとは思うんだけどやってない。

ゆっくりスワイプしないとダメ

BetterDesktopTool で設定した場合ゆっくり上から舐めるようにスワイプしないと反応してくれないことがある。

慣れっちゃ慣れなんだけど、たまにストレスになる。

最後に

T650、カスタマイズできるんならそういうアプリが出てほしい。

会社ではWindowsを使っていて、Windowsに割と不満があるので自分でアプリ作れたら解決するんだけど、いかんせんWindowsプログラミングに全く興味がないので自分で作る気はない。

もしも誰かT650カスタマイズできるアプリやら、いいWindowsアプリ知ってる人は教えてほしいです。