読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS7で英語版ポケモン名を読み上げてみる(Titanium)

Titanium

先日、 和英英和翻訳 for ポケモン XY(iOS) という、ポケモンの名前や技を英語⇄日本語に翻訳するアプリをリリースしました。
ちなみにAndroidはこちら ➝ ポケモン和英英和辞書 for XY(Android)

それで何日かして、レビューに「発音分からないし読み上げて欲しい」という書き込みがあって、そういえばiOS7から音声読み上げ出来るようになったし、 id:donayama さんの記事にTitaniumでもモジュール出てるということが書いてあったので試してみました。

使い方

使ったモジュールはこれ

使い方も簡単で、モジュールインストールして、tiapp.xml

<module platform="iphone" version="0.1">bencoding.utterance</module>

を追加してコードに、

var utterance = require('bencoding.utterance'),
var speech = utterance.createSpeech();
speech.startSpeaking({
    text:"greninja",
    voice:"en-US",
    rate:0.2
});

とするだけで読み上げてくれます。まあexample.jsに書いてある通りですが。

voiceには読み上げて欲しい言語を指定します。
voiceを指定しないとシステムが自動で言語を判定するらしいのですが、普通の英単語なのにローマ字読みで読み上げられてしまったりするので、ちゃんと指定した方がいいです。

rateは読み上げるスピードで、値が小さいほどゆっくりになります。

ちなみに、

AVAudioSessionUtilities.h:88: GetProperty_DefaultToZero: AudioSessionGetProperty ('disa') failed with error: '?ytp'

というエラーが出ますが、これはシュミレータ特有のエラーっぽいです。

ポケモン名は読み上げられるか

読み上げられます。ポケモン名は普通の英単語ではないですが、結構それっぽい感じで読み上げてくれるので使ってて面白いです。
音声読み上げ機能を付ける前に次回のアップデートを申請してしまったので、読み上げ機能はおそらく次々回のアップデートになります。
ポケモンの名前だけでなく、英語に翻訳できる全ての項目を読み上げることが出来ます。

この機能はiOS7以上じゃないと使えないので、iOS6以下の人はアップデートできません、申し訳ない。

ちなみに

Android版はDL数がiOS版の1/10です、なんなんだろうこの違いは。

追記 - 2014年2月9日

アップデート申請通りました。
ストアからダウンロード出来るようになっています。